フォト
無料ブログはココログ

« ワクワクする未来 | トップページ | あるべき論 »

2015年7月 9日 (木)

自己表現

 

自己表現とは何だろうか?

「自己をあるがままに表に現わすこと」だろうと思う。

できればカッコよく自分を表したい。

 

 

 

でもどうしてそう思うんだろう?

どこかで自分がカッコ悪いと思ってるからだ。

 

 

 

じゃいつからカッコ悪くなったのだろう?

子供のころにカッコ悪い、恥ずかしい体験をしたからだ。

 

 

 

私のカッコ悪いデビューは幼稚園のころ。

担任の竹田先生が言った。

 

 

 

「みんなお手洗いに行ってきてねー。」

私は迷わず水道場に行き、手をゴシゴシと洗った。

 

 

 

「あれ?みんな来ないな?」

何やらトイレが込み合う気配が。

後ろに人の気配を感じ振り向くと、竹田先生が苦笑いしていた。

 

 

 

それ以降かっこ悪さに磨きをかけるように生きてきた。

カッコ悪いライナップも豊富に。

 

 

 

弱虫。(小学校3年の時転校して、初日に喧嘩で負けて泣きじゃくっ。)

 

バカ。(幼稚園に入る前5歳上の姉に字が読めないのをからかわれて。)

 

能無し。(父にそう説教されて。)

 

嘘つき。(母に友達のおもちゃを取ったことで詰問されて。)

 

ひねくれ者。(小学校1年のころ、担任の羽田先生に罵倒されて。)

 

ケチ。(小学校4年のころ、友達に借金20円の返済をせまったら逆切れされ。)

 

 

 

これじゃまずいと思って、取り繕うように演技してきた。

 

 

 

強く見えるように。

 

優秀なように。

 

有能なように。

 

正直者のように。

 

まっすぐなように。

 

気前がいいように。

 

 

 

今振り返ると涙ぐましい努力をしてきた

 

 

 

「あるがまま」でいられない。

本当の自分がばれるのが怖い。

そうすると自己表現できなくなる。

 

 

 

他人の前で着飾っているから疲れる。

でもよく考えると出発点は「恥ずかしい」からだ

 

 

 

恥ずかしいは感情のこと。

たかが感情で自己表現を犠牲にしていると思うともったいない。

 

 

 

どうせ恥ずかしい人間だし、ま、いっか!」

そう考えると一歩先に進めるようになる

 

 

 

« ワクワクする未来 | トップページ | あるべき論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクワクする未来 | トップページ | あるべき論 »