フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年8月25日 (火)

肩の荷がおりる

 
絶対に認めたくないネガティブは自己像と不快な感情は、フタをして、カギをかけ、鎖でぐるぐる巻きで、深い海の底にドッボーンと沈めてますね。
 
 
やっと悟りました。劣等感に苛まされて、振り回されてたことを。薄々は気づいていたんですが、やっぱりバカなんですね、私。よく、今まで生きてこれたと褒めてあげたくなりました。
 
 
よくよく考えれば、私がバカであろうが、優秀であろうが、そんなことはどうでもよくて、人を愛して、幸せに一緒に生きていけたら、それで満足なんですよね。
 
 
そんなことをこの夜中にはたと思ったら、重いものが肩からドッサリおりました。そしたらある公案が解けました。
 
 

『州勘庵主』 無門関十一

趙州がある庵主のところに行って、「おい、しっかり生きているかい」と問われた。
すると庵主が拳を挙げた。
そこで趙州は、「こんな浅いところに舟を泊めるわけにはいかん」と言ってどんどん行ってしまった。
趙州はまた別の庵主のところに行くと、すぐ、聞かれた、「おい、しっかり生きているかい」。
ここの庵主もまた同じように拳を挙げた。
趙州は、「与えたり奪ったり、殺したり活かしたり、なんと自由なことじゃないか」と言ってこの庵主には頭を下げられた。
 
無門は言う、
「二人とも拳を挙げたのに、いったいどうして一方を褒め他方を無視したのか。
その深い勘所がどこにあるか諸君は分かるだろうか。
もしそこの処を言い当てるに適切な一句を出してくることができるような人間なら、文句無しにかの趙州の、わずか舌先三寸で他人を助けたり突き倒したりする大自由を見抜いてしまうに違いない。
ところがどうだ、趙州ともあろう男が逆に二人の庵主に正体を見抜かれてしまっているではないか。
また、もし二人の庵主の間に優劣があるとでもいう人があるなら、彼にはまだ禅に参じる眼力さえないというものだ。
優劣の差などあるものかなどというならば、その人もまた参禅の眼力なしだ」。
 
頌って言う、
目敏いことは流れ星、
ハタラク早さは稲妻よ。
殺す刀がそのままに、
人をも活かす剣となる。

« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »